ブ・ロ・グ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルコンプ
授業終わった。

TWCI_2014_2_2_20_50_54.jpg
スポンサーサイト
新陳代謝
クラブを作る。新しい環境と、クラブを大きくするという目標がやる気を刺激する。


クラブメンバーを募集する。人類最良の娯楽であるコミュニケーションは、やる気を刺激する。
ここで、クラブの成長速度に対するクラブメンバーの増加数は一定であると考えられる。小さな規模のクラブを目指すクラブマスターは小さな規模の募集を行い、大きな規模のクラブを目指すクラブマスターは大きな規模の募集を行うからである。クラブはクラブマスターの掲げる目標の大きさに対応して大きくなっていく。


クラブメンバーが増えてくる。自らが、ないし自らとクラブメンバーが作り上げた規模の大きさ、それに伴う達成感、高揚感、コミュニケーションの楽しさ、あらゆる要素がやる気を刺激する。
作り上げたクラブに関して、クラブマスターとしてのピークを迎える。同時に、この地点はクラブのピークでもある。クラブマスターの目標の大きさを可視化したものがクラブの規模であり、目標の達成はクラブの規模の拡大上限を意味するからである。クラブメンバーの募集は、この次期を境に極端に減る。


クラブメンバーが減ってくる。脱退による減少速度が募集による増加速度を上回る。
しかし、クラブの楽しさは減衰しない。ピークにおける時点でできたクラブ内部のコミュニティが維持されている可能性が高いからである。コミュニティの輪に入れなかった者から、1人1人と消えていく。


クラブメンバーが更に減っていく。コミュニティの輪の外殻をなすメンバーが脱退していく。コミュニティの輪に入れなかった者がいなくなってしまったことに気付くのである。
コミュニティの核をなすメンバーも、いくばくかの違和感を覚える。違和感の正体がメンバーの減少に由来することを無意識下で認識するものの、目をそらす。


クラブメンバーの減少が止まる。コミュニティから外れた者、外殻をなす者が全て脱退し、脱退を考えうる者がクラブに存在しなくなる。
残ったのはピークにおいて核をなしたクラブメンバーだけである。目標を達成し減衰していたクラブマスターのやる気に追い打ちがかかる。かつて掲げていた目標の大きさと、現在のクラブの規模が一致しないからである。目標と現実のずれがやる気を削ぐ。


クラブが解散する。



クラブができてから、解散するまでのサイクルである。
経験上、クラブの解散のサイクルは3ヶ月から半年だ。
サイクルの長さはクラブマスターが当初持っていた目標に比例する。規模の増加に対するメンバー増加の割合は一定だが、メンバーの減少速度はピークに達した地点から規模に関係なく一定だからである。

実際にはゲームそのものへのやる気(クラブマスターたるキャラへのやる気)の減衰もクラブの解散に影響してくるから、この寿命が短くなることはあっても長くなることは稀である。
半年を超えて存続するクラブは優良だ。
クラブマスターが優秀か、クラブに生まれた秩序の質が高いか、内部に生まれるコミュニティが大きいか、いずれにせよポジティブな要因が存在することは間違いない。


今回僕が入ったクラブは優良だった。いままでにないほど優良だったと思う。巡りあわせに感謝したい。
僕のサイクルは閉じてしまったが、クラブのサイクルはまだまだ閉じそうにない。
可能な限り長く存続せんことを願います。
価格表
ダイリンR 15mでおいて12mくらいまでならさげても
ロルハ上 1M
魔法師 2.5M
エデルのコア 4M
ゴージャスなかけら 400k~800k
ゴージャスな粉 1m
ゴージャスな結晶 1m
輝くかけら→AF製造
輝く結晶 1.5m
輝く粉 90k
光る魔力の結晶 1m
光る魔力のかけら 2.5m
光る魔力の粉 20m
サイモペインのかけら 1.2m
サイモペインの結晶 90k
玉各20個で合成して賢者の石 おいとく
メギエンシェントアーマー 8mでおいて5mくらいまで
メギボノエール 25mでおいて18mくらいまで
改変
久しぶりにTalesweaverを起動した。
2年前に使っていたアカウントはハックされていたが、感情の揺らぎは一切なかった。アカウントハックを肯定するわけではないが、どこかの誰かに有効に利用されているならそれもそれでいいだろう。ゲームは所詮そうあるべきだと思う。また新しくアカウントを作ってゲームを楽しむことにしよう。

久しぶりにログインして世界の変わり様に驚いた。つい数日前にアップデートがあってコンテンツリニューアルされたばかりらしい。出来上がった新しい世界は合理の究極とも言ってもよいだろうか。
確かに以前のTWにはセルバス平原3,4,5、クライデン平原6,7、春の洞窟etc..人の影すら見ないマップが多かった。はるか昔、オープンβのころですら閑散としていたように思う。しかしそれでもその存在が世界に広がりを与え、プレイヤーを世界観にのめり込ませる役割をいくらかは担っていただろう。
かつてゲームの一部としてゲーム全体を支えていたコンテンツは、時代の流れとともにただの雑音へと変わってしまった。最近の流行を見れば、それもしかたのないことのように思う。らくちんレベル上げ、その場でコンテニュー、一本道ストーリー、いずれも合理化の形である。雰囲気を作る(しかも作れているかどうかもわからない)ためだけのデータはもはや無駄でしかない。少なくともMMORPGのメインユーザー層にとっては。

懐古するわけでも合理化がよくないと言うわけでもない。
むしろ自分はゲームの合理化を歓迎したい。
過去を懐かしみながら、全体を見ながら、変化を楽しんでいきたい。
したらば…
いい加減1人で検証するのだるくなってきたから書き込んでみたよ。


しかし言葉の粗を探すのみで肝心の検証については他人任せ…って人ばかり。そして論点をガンガン変えられるからついて行くのにも一苦労。
検証に一番積極的になってくれて有用なデータ出してるのがしたらば外部のvipの人っていうのが現状を物語っている…。



もう飽きたので様子見だけにしておこう(-_-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。