ブ・ロ・グ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彗星のごとく
思えば長い時間が経った。

正直なところ、昔に戻りたいとふと思う時がある。
何の憂いも抱かず、あるいは不安を感じながらもどこか余裕のある状況でネトゲに没頭していた日々。
若干22年の人生でそれは3度訪れた。

1度目は中学のときだ。
パソコンにはじめて触れることができた。
触れるものすべてが新鮮で、楽しかった。機械は好きだった。様々なものに手を出した。
その1つとしてtwをはじめたが、随分とエネルギーを割いた。
一緒にプレイしていた友達が辞めたのと、高校受験をきっかけに自分も辞めた。

2度目は大学1年のときだ。
大学に入学し、予想以上の暇さに時間を持て余した。
ニコニコ動画で見かけた広告でふとtwのことを思い出した。いまどんなゲームになっているだろうか。軽い気持ちで始めたものの、昔と変わらない世界がそこにあった。
昔と違ったのは、自由を得ていたことだ。インターネットのみに留まらない自由。
人生を大きく変えた出会いがあった。
このことは生涯、限られた人にしか話さないだろう。共感を得られるとも思わないから、話す必要もないだろう。
出会いを機に、辞めた。

3度目は大学4年のときだ。
就職先が決まり、再び時間を大きく持て余した。余談ではあるが、人生で最も楽しかった1年間であろう。
一緒に遊べるツールを探している中で、再びtwと出会った。もう1年も前になるのだろうか。カフェで話題にあげたのを鮮明に記憶している。
コミュニティに属する気はなかった。
何の因果だったのだろう。
あんなに楽しかったコミュニティは、最初で最後だ。
就職を機に、3度、twも辞めることになった。




恐らくもうtwをプレイすることはないだろう。
あるいはネトゲそのものをプレイすることはない。
そのことを考えると、寂寞の念に苛まれる。

都度都度でそれは僕の人生の隙間を埋めた。
ともすれば、生き方まで規定した。
結果的には、青春の一部であったといっても過言ではない。


これから何をし、何を見、何を感じるのか。
一度人生が交差した人々は何をして生きていくのか。
どうにも、生きづらい。
僕は過去とは決別できない。
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/06/30(木) 14:58:18 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。