ブ・ロ・グ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦術:タックルについて
軽量級的にはバナナほどの威力にも匹敵しようかというタックル。

デメリットは少なく、メリットは多い。
「ウィリー解除するから減速してタイムロスしちゃう。それならライン優先したほうがいい。」とは言い切れないでしょう。
まず第一に気軽に行える点。成功すれば相手のウィリー解除や落下を誘えるし、仮に失敗したとしてもSSをとれる場合もあります。
次に、ラグを利用できる場合がある点。Wi-Fiを経験している方なら誰でも知っていると思いますが、マリカのWi-Fiは完全同期をとらないため、自分の画面に表示されているまさにその位置に相手がいるわけではないのです。相手の本当の位置はどこかといえば、表示位置からやや後ろである場合が多いです。
そのため、バナナや偽ボックスなんかをぶら下げながら「偽の相手」にタックルを続ると、相手が避けようとしない限り、本当の相手に当たってしまうのです。理不尽ですね。


とは言え、じゃあタックルしまくればいいのかといえば、そういうわけでもないです。
タックルのメリットはすべて相手が対策しないことを前提にして成立しているので、相手のレートが高くなればなるほどメリットは薄れていきます。
実際、混戦でもない限り高レ部屋では何かぶら下げながらぶつかりにいったら、ほぼ間違いなく避けられてしまいます^^;









で、なぜこんなに内容が薄いのかと言えば、オレはタックルしないからです…もとい、できないからですw
オマル相手じゃないと意味ないw

本当に書きたかったことは以下から
物理で万有引力の話聞いて、ふと運動量保存則を思い出した。
そしたらマリカのタックルにも適用されてるのかな?ってつい考えてしまって…。詳しく調べる気はありませんが、妄想だけ垂れ流しておきます。
数値等はマリカWiki様から引用。

ロケットキラー:スピード66 おもさ40 タックル力(仮)2640
マッハバイク:スピード68 おもさ53 タックル力3604
スーパーバウザー:スピード75 おもさ69 タックル力5175
ドルフィンキック:スピード59 おもさ59 タックル力3481

mvでタックル力を規定。実際は定数あるんだろうけど、同条件だと推測されるので無視。


速いマシンが遅いマシンを追い上げて真後ろから衝突したとき、
マッハ→キラーのタックルで与えるタックル値は964
バウザー→マッハのタックル値は1571
つまり、バウザー→マッハのタックルの衝撃は、マッハ→キラーのタックルの衝撃の約1.6倍。


バウザー→イルカのタックル値は1694
つまり、バウザー→マッハのタックルより、バウザー→イルカのタックルの方がふっとぶ。



でも、実際はこの2例のようになるはずがないです。真後ろから衝突、なんてまずありえないし…。
普通はナナメからの衝突になるので、その分衝突の際に生じる衝撃が横方向に分散されることになります。
その横方向の力の成分が、横へのふっとばし力になるのですが…。



イルカの例を考えてみます。
一直線上を走るとき、横方向の速さはゼロです。
なので、空気抵抗+静止摩擦を超える衝撃を真横から与えればマシンは軽々とふっとぶハズ(浮いてしまえば地面から摩擦はうけないので)。
カートなんかでよく見られますが、タックルしたのにカートの片側が浮いただけで踏みとどまられた!というのは、タックルの衝撃が抵抗力を上回れなかったためだと思います。

また、摩擦力はおもさに、空気抵抗は表面積に関係する点から、結果的にはおもさの大きいイルカのほうがマッハより吹っ飛ばされにくいのだと思います。
しかし、「吹っ飛ばされにくい」だけであって、こちらからタックルを仕掛ける際にはイルカよりマッハのほうが多く衝撃を与えられる、とも推測できます。


というわけで、あたり強さというのは2つにわけて考えた方がよいと思われます。
「ふっとばされにくさ」と「ふっとばしやすさ」の2点。

ふっとばされにくさ…マシンのおもさが大きければ大きいほど大きくなる
ふっとばしやすさ…マシンのおもさとスピードの積が大きければ大きいほど大きくなる





妄想の内容はこんなカンジです。
カートのタックルはドリフトの横滑りから横方向の衝撃が大きくなるので、その分ふっとばしやすくなる。また、カートは接地面積と表面積が大きいので、同じおもさのバイクよりふっとばされにくい。

まあ全部妄想なんですけどね^p^
実際、高校物理で解釈できるような運動ではないと思いますw
大体でいいなら、すっごいアバウトでいいなら、↑の話でいいとは思うんですが…。



ちなみにパックン→ポケモのタックルは計算上マッハ→キラーのタックルの5倍は軽くふっとぶんです…

ゴクリ。

//追記
公式のFAQにこんなこと書いてあるらしいです
『おもさ』は、大きいほど他のマシンとの接触時に跳ね飛ばされにくくなります。
あれ、この話あってるんじゃねw
少なくとも、
ふっとばされにくさ…マシンのおもさが大きければ大きいほど大きくなる。また、同じおもさのバイクとカートがあったとき、カートのほうがふっとばされにくい。
ふっとばしやすさ…マシンのおもさとスピードの積が大きければ大きいほど大きくなる。また、同じおもさのバイクとカートがあったとき、カートのほうがふっとばしやすい。
この部分はあってると思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。