ブ・ロ・グ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦術:キノコキャニオン
私的最悪のコース(好きな方ゴメンナサイ)。
サンダーの生む被害は大きくなりえますが、利益はほとんど無いことの方が多い。安定して勝つのは難しい。
順位調整はほとんどの場合で必要なく、「運ゲーコースではあるが逃げ切りが有利」という他とは種類が異なるコース。

☆コース概略
強制ジャンプ板が多くゆるやかにカーブが続くため、基本的に差はつきにくい。
キノコでジャンプするときは真ん中の盛り上がっている部分ではなく、縁の平らな部分に着地すると無駄に跳ねて落ちずに済みます。
コース中盤のダッシュプレートとキノコ地帯の分岐はダッシュプレートを通る方がやや遅い。ですが、本当に極わずかの差しかないので軽・中量級なら独走でもしてない限りダッシュプレートのほうを通るのを勧めます。

差がつきやすい箇所は特に無し。

SCに関しては、崖越えかダート突破かはお好みで。崖越えは確かに有効ですが、リスクに見合った効果はあまり無いと思います。

ちなみにオレは崖越えできないです^^;aquaさんの記事見てちょっと練習してみます。

☆アイテムの使用
自分で使うアイテムの効果は薄いが相手に使われるアイテムの効果は高いという謎仕様。

○設置
道が広く角度の大きいカーブも少ないため設置物は避けられることが多々。
しかし赤甲羅を食らうことはあまりないので、すずめの涙ほどの期待を込めて設置・投擲するのもいいでしょう。

設置物を踏ませやすいポイントは以下。
・最終カーブ

甲羅も同様。

○追い上げ
前述通り、基本的には先行逃げ切りが有利。3周目突入時点で上位にいるのが最も望ましいと思います。
そのため、金キノコやスターはSCのためにさっさと使ってしまって構わないでしょう。

また、オレはこのコースでのサンダー保持はあまり効果が無いと思っています。
理由は以下。
・サンダー後にキラーを引かないと追い上げられない
・逃げ切りが可能なコースのため、下位にいてSCができないのは苦しい
・上位の転落を狙うにしても確実性が無い

というわけで、サンダーは大抵次のアイテムボックスで使うか2周目の段階で上位の転落を狙うかのどちらかが最も効果的だと思います。

しかし、3周目までサンダーを保持する人が多いのが現状です。
2周目を終えてもサンダーが無かった場合は、無敵アイテムを保持してサンダー回避を狙ってみるのもアリでしょうか。



キノキャニは理不尽な負け方・勝ち方をする場合がとても多いので、負けてもあまり気にしない方が良いと思われます。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。